NEWS

「点字回文」の作り方

先日友人に点字で手紙を書いた時に、何か変わったものをつけようと思い、点字の回文を作ってみました。少しコツが分かったのでメモしておきます。もし作ってみたい方がおられたら、以下は自由にご利用ください。

今回作った点字回文は、点字が書いてある紙を180°回転した時にも同じように読めるものです。点字では、例えば「い」が180°回転すると「、」になります。まず下の表を作りました。

青い字は、回転させた時に対応する字が無いなど、使いにくいものです。赤い字は、180°回転させても同じ形になる特別な字です。「か」「し」「と」「ふ」「め」「や」「ー」で、これを「一文字回文」と呼んでみます。

次に「二文字回文」です。表をなんとなく見ていても、「たこ」「みせ」「もて」など、二文字だけで単語になっているものがあります。「たこ」は逆から読んでも「たこ」。また「たこたこ」や「もてもて」など、繰り返しても回文になります。

「一文字回文」と「二文字回文」は最強パーツです!これらを組み合わせるだけで「たことたこ」「もしかして」など、三〜五文字くらいの短い回文が作れるのでぜひお試しください。

特に「一文字回文」は、語と語の間に一つだけ入れて新しい言葉を作れます。最初の「回転対応表」のセットの字の間に入れると、三文字の単語的な回文が色々できます。(「ほしつ」「のめよ」「ひやす」など)

こうして出来た単語パーツの前と後ろにさらに語をくっつけていけば、六文字、七文字…と字数を増やしていけそうなものですが、実際には、中心から前後に増やしていくのは思ったより難しく…悪戦苦闘しました!> <

ーーーーーー

初心にかえって普通の回文の作り方について調べてみると「構文を使って作るのが良い」とあるのを発見!

普通の回文だと「うどん〜んどう」「わたし〜したわ」「よる〜るよ」などの使いやすい構文があり、「〜」の部分に文字を入れることで初心者でも簡単に回文を作れるそうです!まず両サイドを作るべし、というわけで最初の表を見ながら文章っぽくなる構文をいくつか考えてみました。

「これは色々試せる!」構文の中に単語パーツを入れてみて、何か文になりそうだったら前後や間に一文字ずつ足したり引いたりして調整します。構文は、他にもたくさん出来そうです。これから始められる方には、自分の好きな「my構文」を作ってみることをおすすめします!

以下、そんな感じで試行錯誤しながら作った回文の例です。(点字の「分かち書き」が出来ていないものや、日本語が変なものもあります…^^; )

・かぜ みっか(風邪 三日)
・のこったとこだよ(残ったとこだよ)
・たこ いか、 たこ(蛸 烏賊、 蛸)
・さけ のめよ まき(酒 飲めよ まき)
・りこさんみせえきた。(りこさん店へ来た。)
・えみ、かってもまけてもがいせん(えみ、勝っても負けても凱旋)
・てか、ぬた もしかして こゆいかも(てか、ぬた もしかして 濃ゆいかも)
・はつっ とーきょーたわーと ぼく(初っ 東京タワーと 僕)

ーーーーーー

実際に作ってみて、点字の回文は
①「う」「な」「に」「れ」「る」など、普段よく使う字が使いにくい・使えない
②ほとんどの字は回転すると別の字になるので、直感的に作りにくい
などがあり、なかなか難しいと感じました。ただ、出来ると嬉しいです!また、実際に点筆で書いてみると、文字でありつつ回転対称の美しい模様として浮き上がるのも、点字ならではの面白さです。

自分や家族、友達の名前で作れるかもしれません。ぜひチャレンジしてみください!作り方も、紹介した以外にも色々あるはず。面白い回文が作れたら、ぜひ教えてくださいね!^^

ーーーーーー

点字の回文がどういうものか、こちらのサイトを参考にさせていただきました。
【点字のクイズ、パズル、回文|メガネくん|note】
https://note.com/megane_kun/n/na556b3f1f717

普通の日本語回文の作り方については、こちらのサイトを参考にさせていただきました。
【あなたにも出来る!上から読んでも下から読んでも同じ文】
https://dailyportalz.jp/kiji/140626164474

ありがとうございました!!